米マイアミ郡、仮想通貨導入の実効性見極めるタスクフォース設立案を検討

クリプト・タスクフォース設立案暗号資産(仮想通貨)に前向きな動きが進む米フロリダ州のマイアミ・デイド郡で、新たな進展が見られた。15日に公開された覚書によれば、同郡のDanielleCohenHigginsコミッショナーが暗号資産(仮想通貨)タスクフォース(作業部会)の設立を要請したことが判明。マイアミ・デイド郡における税金や手数料などの支払いの決済手段として、仮想通貨導入の実行可能性を1年にかけて調査することが主な目的だ。また同郡で「税金、料金、サービスの支払い方法として、仮想通貨やその他のデジタル通貨...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました