近年稀に見るハッシュレートの急落 弱材料複数のBTCはこの先どうなる? | ビットバンク マーケット情報

先週(12日〜18日)のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、激しい値動きの中、前週比416,998円(6.33%)安の6,173,000円と3週ぶりに反落し、2週間ぶりの安値まで押した。先週の暗号資産(仮想通貨)市場は、14日のコインベース上場を目掛け全面高の様相を呈し、ビットコインは同日に7,055,120円の史上最高値を付けた。一方、その後はコインベース上場で事実売りが入りビットコイン相場は失速。16日には新疆ウイグル自治区における停電が中華系マイナーのハッシュレート急落に寄与している可能性が浮上し、ビットコイン相場は下げ足を速め、650万円付近まで押した。このほか、先週は週後半にかけて、①米マサチューセッツ州の金融当局がロビンフッドのブローカー・ディーラーライセンス剥奪の思惑、②サブレディット「r/Wallstreetbets」での仮想通貨関連議論の禁止、③米財務省が仮想通貨軽油の資金洗浄(マネーロンダリング)を巡って複数金融機関を告発するという旨のネット上のリーク情報が相場の重石となり、週末のビットコイン相場は対ドルで節目の60,000ドル(≒652万円)や2月高値の5

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました