リップル相場分析 : 急騰の反動から大きな利確売りが発生、価格は移動平均線上位を維持 | ビットバンク マーケット情報

4月18日のリップルの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のリップルは8.1%下落した陰線を記録しました。終値は154.8円でした。下落が続いているリップルですが価格は移動平均線の上位を維持しています。オシレーターは下落傾向にあり、短期のモメンタムは低下しています。CCIは46で推移しています。Fisherは遅行線を下回り下落中です。MACDも下落傾向が続いていますが、遅行線の上位を維持しています。ADX(56)は下落しており強気トレンドの弱体化を示唆しています。リップルは現在5日連続の陰線を記録しており、急騰の反動で利益確定売りが出ています。一方で価格は移動平均線の上位を維持しており、底堅く推移しています。昨日は長い下ひげが出現しており、買い戻しの兆候が見られました。本日も始値からやや高い位置で取引されています。短期のテクニックは若干弱気を示唆していますが、長期ではまだまだ強気を示唆しており、今週は反発に期待したいところです。売りが一巡すれば再び高値を試しにいくことが予想されます。
カテゴリ:

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました