SBI、国内初の一般投資家向けSTO実施 XRP特典付きのデジタル社債発行

SBI証券は20日に国内初となる一般投資家向けセキュリティトークンオファリング(STO)を実施すると発表した。募集期間は26日まで。SBIが発行体となって、社債型セキュリティトークンを割り当てる公募の自己募集型STOとなる。利率は0.35%(税引後0.278%)。今回のSTOでは、従来の証券保管振替機構の管理ではなく、野村HDと野村総合研究所の合弁会社ブーストリーが運営するブロックチェーンコンソーシアム「ibet for Fin」で発行・管理を行う。発行から償還までを電子的に取り扱う。また、今回のセキュリティトークンを取得した顧客には額面金額あたり10XRPが付与される。参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/sbi-conducts-japans-first-sto-for-general-investors ●セミナー動画https://youtube.com/channel/UC-IosOkFKsa6tyfj2JjWgrQ●セミナー日程http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html ●テレグラム

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました