金融大手シティ、フェイスブック主導のステーブルコインDiemの可能性を評価

お金の未来世界的金融大手のシティ(Citi)が、フェイスブック主導の仮想通貨ステーブルコインDiem(旧Libra)を、「グローバルな視点と解決策」を提供するレポート、「CitiGPS」で大きく取り上げた。「お金の未来:仮想通貨、CBDCと21世紀の現金」と題した100ページを超える詳細なレポートはデジタル時代のお金、特にトークン化された「デジタルマネー2.0」に焦点を当てた内容となっている。レポートでは、中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)、中国人民元のデジタル通貨(DCEP)、ビットコイン(BTC)・...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました