加速する米企業の仮想通貨サービス導入 ビットコインは底入れか | ビットバンク マーケット情報

20日のビットコイン(BTC)対円相場は92,337円(1.53%)高の6,115,036円と6日ぶりに反発。この日の暗号資産(仮想通貨)市場は、16日から続いた売りが一服した形で、主要アルトコインも反発し、イーサリアムは18,920円(8.09%)、XRPは8.561円(6.04%)、ビットコインキャッシュ(BCC)は6,083円(6.30%)とそれぞれ上昇した。東京時間の20日のビットコインは、テクニカル的なポジション調整の売りが続き序盤から上値を重くし節目の600万円を割り込むも、対ドルで節目54,000ドル水準となる584万円周辺で支えられると、欧州時間にペイパル傘下の送金アプリベンモが仮想通貨売買サービスの開始を発表し反発し、シェアオフィス大手ウィーワークのBitPayを経由した仮想通貨決済導入も好感され、610万円を奪回した。米時間には、軟調な米主要3指数の下げにつられ590万円付近まで押すも、株の売りが一服するとアルトコイン相場の切り返しもあり今朝方には617万円まで戻している。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
Source: ビットコインニュース

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました