「リップル社は銀行システムの競争圧力になり得る」大手監査法人EYのインド調査

ブロックチェーン技術と競争世界四大監査法人の一つ、アーンスト・アンド・ヤング(EY)は、ブロックチェーン技術がインドの競争法とどのように関わってくるかについてまとめたレポートで、国際送金の分野において米リップル社の競争力に言及した。このレポートは、インド競争委員会(CCI)に向けた討議資料として作成された。競争法は日本の独占禁止法に相当するもので、CCIは競争法に基づいて、反競争的行為に対する調査、並びに制裁の決定を行う。いわば日本の公正取引委員会に近い役割を担っている。レポートは、ブロックチェーン技術を...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました