モナコイン相場分析 : 暴騰後の利確売りが発生も300円台維持、値動きは強気 | ビットバンク マーケット情報

4月20日のモナコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日モナコインは小幅に下落し終値は344円でした。下落率は0.3%でした。3日連続の陰線を記録していますが、価格は移動平均線の上位を維持しています。オシレーターは短期で下落傾向にありますが、全てプラス域で推移しています。CCIは96で推移しています。Fisherはプラス域で推移も下落中です。MACDは遅行線を上回り上昇中です。ADX(45)は上昇中で強気トレンドの発生を示唆しています。モナコインは先週の大きな上昇の反動から今週は利確売りが殺到しています。先週は2018年5月以来の高値を記録し、一時460円を突破しました。現在の価格は移動平均線の上位で推移し、値動きは弱くありません。短期の売りをこなせば再び高値を目指す展開が予想されます。チャートストラクチャーは強く、テクニカルでも買いポジションが推奨されており、今後の高値追いに期待できる相場状況です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
Source: ビットコインニュース

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました