米政府機関、約5,500万円のビットコインを競売へ

少額競売の予定米国の政府機関である米国共通役務庁(GSA)が23日に、9.45ビットコイン(BTC)を競売にかける予定がわかった。今年の3回目の競売となる。GSAとは、連邦財産の管理維持や資材の調達・供給などを行う政府部門。「GSAAuctions」という競売プラットフォームを通して、連邦政府のさまざまな所有物を売っている。今回予定される9.45BTCをどのように入手したかGSAは説明していない。今年3月15日に、初めてビットコイン競売を行い、0.7501BTCを9,000ドルのプレミアム値で落札された経...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました