【仮想通貨取引所】Uniswap(ユニスワップ)とは?

本記事では、暗号資産(仮想通貨)の分散型取引所であるUniswap(ユニスワップ)の仕組みなどを詳しく解説していきます。



Uniswap(ユニスワップ)の特徴や利用方法

ユニスワップの主な特徴や利用するメリットをまとめました。ちなみに、そのユニスワップのトークンであるUNIについてはこちらでまとめています。

Uniswap(ユニスワップ)とは?

ユニスワップは、イーサリアムブロックチェーン上で価値交換を行う分散型取引所(DEX : Decentralized Exchange)です。2018年から運営が開始されました。分散型取引所とは、中央管理者を必要としない、24時間取引を行える取引所のことです。開始手続きも簡単で、取り扱い通貨も1,500種類以上と豊富で、利用するメリットの多い取引所です。なんといっても、運営自体が非営利目的としており、ほぼ手数料が発生することはありません。

ユニスワップのデイリー取引ボリュームは一時、1,000億円を突破しています。これは中央集権型の暗号資産取引所で最大の「Coinbase(コインベース)」の取引高を超える数字

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました