【仮想通貨取引所】Kraken(クラーケン)とは?

本記事では、暗号資産(仮想通貨)の分散型取引所であるKraken(クラーケン)の特徴やメリットなどを詳しく解説していきます。



Kraken(クラーケン)は、2011年に設立された米国に本拠地を置く暗号資産(仮想通貨)取引所です。仮想通貨と法定通貨の交換サービスを提供しています。米国48州に加え、世界の176ヵ国の居住者が利用可能です。取り扱い仮想通貨の数は50種類です。コインマーケットキャップによると、クラーケンは2021年現在、世界で4番目に大きな仮想通貨取引所となっています。

クラーケンは、2014〜2015年に起きた有名なMt.Gox(マウントゴックス)のハッキング事件において、投資家が資産を取り戻せるよう支援を行った企業として知られています。日本では、2020年9月に関東財務局にて事業所登録を済ませており、その翌月からビットコインをはじめとした5種類の仮想通貨取引を開始しています。

Kraken(クラーケン)の誕生経緯

クラーケン創設者のジェシー・パウエル2011年にクラーケン創業に取り組み始めました。その後2年にわたり開発とテストを繰りかえし、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました