BTCは弱気派有利に 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコイン 1648

  BTC/USDT過去3日間のローソク足の下ヒゲに見られるように、54,000ドルレベルまでの押し目を強気派が買っている。しかし、レジスタンスに反転した50日単純移動平均線(56,769ドル)のハードルをクリアできていないのが現状だ。BTC/USDT 日足チャート. Source: TradingView20日指数移動平均線(58,280ドル)は下降に転じ始め、相対力指数(RSI)は43以下で取引されていることから、弱気派がやや優位に立っているようだ。移動平均線からさらに下に下落することになれば、54,000ドルを割り込む可能性が高まる。そうなれば、BTC/USDTペアは50,460ドルまで下落するかもしれない。強気派はこのレベルを積極的に守るだろう。50,460ドルからの強い反発があれば、数日間、レンジ内で推移することになる。しかし、弱気派が50,460ドル以下に沈めば、センチメントが悪化し、43,006.77ドルまで急落する可能性が出てくる。このような否定的な見方は、強気派が価格を60,000ドル以上に押し上げることができれば無効になる。このような動きは、トレーダーが安

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました