リップル相場分析 : リップルは50%押し一時100円割れ、反発ポイント探る | ビットバンク マーケット情報

4月22日のリップルの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。リップルは昨日、10.8%下落した陰線を記録しました。終値は124.5円でした。短期移動平均線を完全に割り込み弱い値動きを見せています。オシレーターは全て下落しておりモメンタムが低下しています。CCIは昨日マイナス域入りしました。Fisherは遅行線を下回り売りシグナルが出ています。MACDはプラス域を維持も下落中です。ADX(44)は下落しており強気トレンドの弱体化を示唆しています。リップルは昨日も下落し強く売られる傾向が続いています。本日も一時100円を割り込むなど、パニック売りのような相場に突入しています。一方、価格は高値210円からすでに50%安まで売られ、短期では売られすぎ域に突入しています。しっかり反発ポイントをおさえたいところです。現在、53EMAが推移する100円付近のサポートは硬そうです。本日も反発しており、注目の価格帯です。週末を跨いで相場の流れの逆回転に期待したいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました