リップル相場分析 : 週足は6週間ぶりにの陰線、大きく押す動きが見られた | ビットバンク マーケット情報

4月25日のリップルの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のリップルは1.3%下落した陰線を記録しました。2日連続の陰線を記録し終値は112円でした。200円到達後は利益確定売りに押されている相場が続いています。オシレーターは全て下落しておりモメンタムの低下を示しています。CCIは-86まで下落しています。Fisherは遅行線を下回り売りシグナルが出ています。MACDはプラス域で推移していますが下落中です。ADX(39)は下落しており強気トレンドが弱くなっていることを示しています。リップルの現在の相場は売り圧力が強く、週足では6週間ぶりの陰線を記録しました。先週は約27%下落し大きく崩れました。価格は一旦53EMAでサポートされ、今後どこまで反発できるかに注目です。本日はすでに5%以上高値で取引されており、買い戻しが入っています。今週は150円目処に値戻しを期待したいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
Source: ビットコインニュース

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました