リップル裁判: 米SEC、複数の海外事業者に情報開示を請求

SEC側のリクエスト係争中のリップル裁判で、米SEC(証券取引委員会)が暗号資産(仮想通貨)XRPおよびリップル社に関する情報を海外事業者に対して正式に請求できる権利を求めている。裁判所へ提出された申請書類で判明した。SECは、リップル社から直接得られたXRPの関連情報が少ないことを理由に、海外事業者から情報を得ようとしてきたが、海外事業者からリップル社およびXRPに関する情報を請求するのは『連邦民事訴訟規則』に反しているとして、リップル社が取りやめるよう裁判所に申し出ていた。今回の申し出で、「Reque...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました