アルゴランドが分散化へ、コミュニティへトークン管理権の譲渡を提案

コミュニティが32億Algoを管理分散型パブリックチェーン「アルゴランド(Algorand)」の運営主体であるアルゴランド財団が、さらなる分散化に向け、新規ガバナンス提案を提出した。同提案がコミュニテイにより可決された場合、「ガバナープログラム」と呼ばれるプログラムが始動し、現在は財団が管理している32億Algo(アルゴランドのネイティブトークン、4,300億円相当)に関する決定権が、コミュニティへ譲渡されるという。ガバナープログラムの実装アルゴランドの創設者、SilvioMicali氏のガバナンス提案を...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました