インテルとマイクロソフト「クリプトジャッキング」防止へ向けて機能強化

仮想通貨を勝手にマイニングするマルウェア最大手テクノロジー企業インテルとマイクロソフトが提携し、あるセキュリティ製品について「クリプトジャッキング」からコンピューターを保護する機能を強化することが分かった。「クリプトジャッキング」とは、サイバー犯罪の一種。ハッカーが企業や個人のPCやモバイル機器にマルウェアをインストールし、そのコンピューターの電力やリソースを使用して暗号資産(仮想通貨)をマイニングしたり、仮想通貨ウォレットを盗んだりする。持ち主が気付かないうちにインストールされたマルウェアのために、コン...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました