ビットコイン相場分析 : ビットコインは続伸、先週までの下落の半値戻し水準へ | ビットバンク マーケット情報

4月27日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターがマイナス域で推移しておりこれを否定しています。ビットコインは 昨日も買われ2日連続の陽線を記録しました。2.1%上昇し終値は599万円でした。今週に入りビットコインは顕著に買われており、価格は移動平均線の上位を回復し強いプライスアクションを見せています。下落していたオシレーターは今週、反転を見せているもののマイナス域で推移しています。CCIは-39で推移しています。Fisherは遅行線を上回り上昇中です。MACDは遅行線を下回り売りシグナルが出ています。ADX(27)は下落しておりトレンドが弱い状態を示唆しています。ビットコインは現在、先週の下落からの反発が続いており半値戻しに成功しています。本日も買われて相場が始まっており、600万円を回復しています。短期では上昇していますが、テクニカルではオシレーターがまだマイナス域で推移するなど、弱気材料も見られます。ADXは下落しており長期では強いトレンドがない状態にあり、ここからは上値が重くなることも予想されます。長期目線では戻り目を探る相場になりそうで

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました