FOMC控え小動きのビットコイン 上値余地あるも過度な楽観に注意 | ビットバンク マーケット情報

27日のビットコイン(BTC)対円相場は123,157円(2.10%)高の5,993,006円と2日続伸。26日の相場は、510万円で反転シグナルとなるダブルボトムを形成し、ショートスクイーズを伴ってネックラインの上抜けに成功し10%強高と大幅反発していた。米時間26日の後場に発表されたテスラの決算で、同社が保有するビットコインの10%を売却したことが明らかになり、ビットコインの対円相場は588万円で上値を重くするも、1時間足の200本移動平均線が相場のサポートとなり、27日の東京時間の相場は580万円周辺で底堅い推移で始まった。東京時間の引けにかけては、主要アルトコイン相場の上昇に牽引される形で小幅に一段高とし、590万円台を回復するも、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を直近に控えていることもあり、欧州時間から米時間にかけての相場は、590万円台で踊り場を形成し方向感に欠ける展開となった。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
Source: ビットコインニュース

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました