モナコイン相場分析 : 今週は30%を超える上昇を見せ強く反発、まだ上値余地あるか | ビットバンク マーケット情報

4月27日のモナコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとMACDがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のモナコインは7.1%上昇した陽線を記録しました。3日連続の陽線を記録しており強く反発しています。終値は移動平均線の上位を回復し292円でした。下落していたオシレーターは反転しておりモメンタムの回復が確認されています。CCIは4で推移しています。Fisherは昨日ゴールデンクロスが発生しています。MACDはプラス域で推移も遅行線を下回っています。ADXは下落しており強気トレンドが弱くなっていることを示唆しています。モナコインは先週からボラティリティが高い相場が続いており、今週はすでに本日を含めて31%上昇しています。流動性が低いコインだけに値動きが激しくなりやすいため、ポジションの取りすぎには注意が必要です。価格が移動平均線を回復しモメンタムが戻ってきたため、どこまで値戻しできるか注目です。高値から半値戻しの340円付近まではすんなり上昇してほしいところです。まだ上値余地はあると予想され、今後の値動きに期待が持てる状況です。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました