マスターカードの世界18カ国調査:コロナ禍で仮想通貨や電子マネーへの関心急増

マスターカードのアンケート決済大手マスターカード社は4日、暗号資産(仮想通貨)に関するアンケートの調査結果を公開。1981年以降に生まれ、2000年以降に成人を迎えた若年層(ミレニアル世代)から仮想通貨決済人気も高いことがわかった。同調査は、マスターカード社は2月26日から3月10日にかけて、ネット上の決済に関して調査したもので、回答者として世界18ヵ国15,000人以上の消費者が質問に答えた。デジタル決済に強い追い風アンケートでは、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、現金に直接触れずやり取りできる電...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました