ビットコイン相場分析 : 昨日の上昇でテクニカルが改善、650万円を越えられるか | ビットバンク マーケット情報

5月5日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日ビットコインは7.2%上昇した陽線を記録しました。この上昇により移動平均線を上回り強い値動きを見せました。終値は623.3万円でした。オシレーターは概ね上昇しており良いモメンタムが形成されています。CCIは31で推移し昨日プラス域を回復しました。Fisherは短期で下落していますがプラス域で推移しています。MACDは上昇中でプラス域回復間近まで上昇しています。ADX(18)は下落しておりトレンドが弱い状態を示しています。ビットコインは昨日の上昇によりテクニカルがかなり改善しました。価格は移動平均線を上回り、オシレーターも上昇傾向にあります。一方、MACDはプラス域を回復していないため、長期では完全に強気というわけではありません。ADXも下落しており強気トレンドの発生を否定しており、レンジで推移する可能性があります。最高値の更新にはまず間近高値の650万円を上回る必要があります。短期ではモメンタムが回復しているため、間近高値

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました