リップル相場分析 : 再び急騰のリップル、200円回復目指すか | ビットバンク マーケット情報

5月5日のリップルの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日リップルは強く買われ15.5%上昇した陽線を記録しました。価格は移動平均線の上位を回復し、終値は175.5円を記録しました。オシレーターは全てプラス域で推移し強気を示唆しています。CCIは上昇し70を記録しました。Fisherは下落しましたがプラス域を維持しています。MACDは上昇し昨日ゴールデンクロスが発生しました。ADX(23)は下落しておりトレンドが弱い状態を示唆しています。リップルは安値を切り上げる強気のチャートを形成してます。強気を示唆するインジケーターが多く、テクニカル的には買いポジションが推奨されています。本日もすでに6%ほど上昇しており買いが継続しています。5月1日に記録した間近高値の180円も越え、高値を追う展開になっています。今後の注目ラインは200円を回復できるか否かになります。本日もこのまま陽線を記録すれば、Fisherもゴールデンクロスしテクニカルはさらに強気に傾きます。高値追いの継続に期待できる相場状況になってい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました