大手企業の時価総額を超えたドージコイン(DOGE)、アメリカ人の25%が投資対象として期待

オンラインギャンブル情報サイトのギャンブラーズピック(Gamblers Pick)による最新の調査において、アメリカ人の25%がドージコイン(DOGE:Dogecoin)こそ、次のビットコインになると考えているという結果が表れています。これは暗号資産(仮想通貨)に対する総合的な教育の欠如と、ティックトック(TikTok)が投資判断ツールのように扱われていることなどが関係しているかもしれません。しかし、結果的に1,000人を対象にした今回の調査では、4人に1人がDOGEを今年の投資先に選ぶと答えています。調査結果の95%が信頼できる回答者として、その内訳は10代から20代前半が5.9%、20代半ばから30代後半が60.8%、40代から50代半ばが22.6%、それ以上の世代が10.7%になっています。DOGEの現状と急騰の原因DOGEは、2013年にジャクソン・パーマー(Jackson Palmer)氏がジョークとして生み出した通貨です。彼は従来の金融機関手数料がかからず、手軽で面白い決済システムを作りたかったとしています。DOGEは1分ごとに10,000DOGE(約6,000ドル:約65

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました