BTCは2月高値巡る攻防続く ドージコインで月に行く? | ビットバンク マーケット情報

先週のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、前週比136,005円(2.19%)高の6,347,000円と2週続伸。先週もイーサリアム(ETH)を筆頭に時価総額上位のアルトコイン相場が急伸する中、ビットコイン相場の上昇率は控えめとなった。市場全体で買いの順回転が継続しているが、ビットコインは対ドルで2月高値水準となる634万円周辺で繰り返し戻り売りが入っており、上値を抑えられている格好だ。7日に発表された4月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比26.6万人の増加となり、100万人前後の増加という市場の予想を大幅に下回り、失業率も3月の6%から6.1%に上昇したものの、雇用回復の鈍化は連邦準備制度理事会(FRB)の金融緩和策を正当化するもので、早期の利上げやテーパリング(量的緩和の段階的縮小)観測が後退し、ドルの下押し圧力となった。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
Source: ビットコインニュース

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました