ビットコイン、下落リスクが上昇──“クジラ”が売りを再開

ビットコイン相場は短期的に弱気圧力が強まりそうだ。ブロックチェーンのデータは、市場に影響力を持つ大口投資家「クジラ」が再び売りに出ていることを示している。データサイトのグラスノード(Glassnode)によると、1000ビットコイン以上を保有する「クジラ」の数は5月10日(米東部時間、以下同)、1943と5.5カ月ぶりの低水準まで落ち込んだ。この5日間で60(3%相当)減少しており、2月7日に記録した2237の高い水準から大幅に減少した。4月後半ではクジラによる売りは弱まっていた。「クジラの明確な動きが示されており、データは弱気に見える」とシンガポールの暗号資産取引所デルタエクスチェンジ(Delta Exchange)の共同創業者兼CEO、パンカジ・バラニ(Pankaj Balani)氏はコメントした。2020年10月から今年2月にかけて、クジラの数はビットコイン価格とともに上昇し、この期間の価格上昇は大口投資家が後押ししたというストーリーを裏付けた。つまり、クジラの減少は強気派にとっては懸念材料だ。クジラの数は減少している出典:Glassnodeビットコイン価格は、クジラによる売りが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました