ビットコイン相場分析 : 安値を切り下げ弱気のストラクチャーを形成、今週も底値を探るか | ビットバンク マーケット情報

5月16日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは0.2%下落した陰線を記録しました。2日連続の陰線を記録し弱い値動きが継続しています。終値は510.4万円でした。オシレーターは全て下落しており弱気のモメンタムを示しています。CCIは下落し-187を記録しました。Fisherはマイナス域で下落し売りシグナルが出ています。長期オシレーターのMACDも下落し売りシグナルが継続しています。ADX(23)は上昇しており弱気トレンドの発生を示唆しています。ビットコインは先週から強く売られる傾向にあり、陰線が多発しています。価格は500万円付近で推移し安値を切り下げる弱気のチャートストラクチャーが形成されています。本日もすでに安値で取引されており、週が明けても売られる傾向に変わりはないようです。値動きとオシレーターは全て弱気を示唆しテクニカル的には売りポジションが推奨されています。2月に記録した安値560万円付近はサポートが期待できるものの、現在の値動きを見ると過度な期待は禁物

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました