仮想通貨で支払われたランサムウェア攻撃被害が大幅増=Chainalysis

2020年に被害額が急増ブロックチェーン分析企業Chainalysisが、ランサムウェア攻撃についての中間レポートを発表、2021年に入ってから現在まで、暗号資産(仮想通貨)で支払われたランサムウェア攻撃の被害額はすでに8,100万ドル(約88億円)にのぼるという。2020年に被害額は急増し、過去最高額である年間4億600万ドル(約443億円)に達しており、仮想通貨を使った犯罪の中でも、増加率が最も高いと述べている。ランサムウェアとは、被害者のコンピューターとファイルを機能不全に陥らせ、システムを元に戻す...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました