米FTC、仮想通貨投資詐欺に注意促す 若年層の投資家で被害が5倍増

仮想通貨詐欺が急増中米連邦取引委員会(FTC)は17日、暗号資産(仮想通貨)に関する投資詐欺が急増中であることを警告。多くは若い投資家をターゲットにしているとの分析レポートを発表した。FTCによれば、2020年10月以降から詐欺の報告が急増しており、約7,000人から総額8,000万ドル(約87億円)以上の被害届を受け取ったと説明。報告された被害額の中央値は約1,900ドル(約20万円)だった。被害総額が750万ドル(約8億円)だった前年の同時期と比較すると、報告数は約12倍になり、損失額は約10倍に膨れ上...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました