モナコイン相場分析 : 250円から強い買い戻し入る、底打ちの可能性も | ビットバンク マーケット情報

5月17日のモナコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のモナコインは1.3%下落した陰線を記録しました。一時250円まで下落しましたが終値にかけて反発し下ひげを付けた日足になりました。終値は276円を記録しました。オシレーターは全てマイナス域で推移しており弱気のモメンタムを示しています。CCIは下落し-112を記録しました。Fisherも下落していましたが本日ゴールデンクロスが発生しています。長期オシレーターのMACDは下落が継続し売りシグナルが出ています。ADX(20)は下落しておりトレンドが弱い状態を示唆しています。モナコインは先週から強く売られていましたが、270円付近から横ばい推移に変化しています。昨日は安値から買い戻しが入りサポートされています。オシレーターは長期では下落している一方、短期ではFisherが本日からゴールデンクロスするなど反転の兆しを見せています。相場に強気トレンドはありませんが、現在の価格帯で底堅く推移するなら底打ちした可能性があり、今後の上昇に期待が持てるで

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました