リップル相場分析 : 先週は45%の下落と大幅安、テクニカルでは弱気トレンドが続く予想 | ビットバンク マーケット情報

5月23日のリップルの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のリップルは12.4%下落した陰線を記録しました。3日連続で下落し終値は86円でした。週末も売られる傾向が続き弱い値動きが見られました。オシレーターは全てマイナス域で推移しており弱気を示唆しています。CCIは小幅に上昇し-212を記録しました。FisherとMACDは遅行線を下回り売りシグナルが継続しています。ADX(20)は上昇しており弱気トレンドの発生を示唆しています。先週のリップルは一週間で45%ほど下落し大きく価格を落としました。価格は4月に記録した安値100円を割り込み、安値を切り下げるチャートストラクチャーを形成しました。ADX(20)も上昇したばかりで、しばらくの間は弱気トレンドが続くものと予想されます。テクニカルでは弱気を示唆するインジケーターが多く、反発した際は戻り売りが発生しやすいでしょう。短期では売られすぎ感から反発も予想されますが、上値は重くなりやすく買いポジションには注意が必要です。
カテゴリ: 市況・相場分析

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました