ビットコイン採掘難易度、過去3番目のマイナス調整

最新機器の供給進む仮想通貨ビットコインの採掘難易度(ディフィカルティー)調整が実施。大幅なマイナス調整水準で更新日を迎えた。最新の難易度調整を前回比-15.97%で完了。マイナス調整幅としては、11年10月31日に調整した-18.03%、20年11月3日に調整した-16.05%に次ぐ過去3番目の規模となっている。今回は、難易度調整の基準になる平均ブロック生成時間は11分55秒と難易度のリターゲティング基準を大きく上回った(基準:10分)。難易度調整は2週間に1度行われるもので、マイナー(採掘業者)の競争環...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました