押し目買いによる上昇開始の兆し 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ

BTC/USDTビットコインは下落トレンドにある。負の傾きを示す移動平均線と、マイナス領域にある相対力指数(RSI)は、弱気派が優勢であることを示唆している。しかし、強気派は上昇を再開させようとしているようだ。BTC/USDT daily chart. Source: TradingViewBTC/USDTペアは、シンメトリカルトライアングルパターンを形成している。もし強気派が価格を三角保ち合いのレジスタンスラインの上に押し上げて維持できれば、フィボナッチリトレースメント50%レベルの44,750ドル、そして50日単純移動平均線(50,161ドル)への動きを始める可能性がある。このような動きは、下落トレンドが終わった可能性を示唆する。この仮定に反して、価格が三角保ち合いのレジスタンスラインから下降した場合、価格はトライアングル内での滞在を数日間延長するだろう。三角保ち合いのサポートラインを下抜けした場合は、下落トレンドが再開したことを意味する。その後、価格を30,000ドルまで引き下げる可能性があり、このレベルが割れた場合、売りが強まり、28,000ドル、さらに20,000ド

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました