上げ幅帳消しでBTCは横ばい CMEのBTC先物、OI下落止まらず | ビットバンク マーケット情報

先週(5月31日〜6月6日)のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、前週比6,136円(0.16%)高の3,930,958円とほぼ変わらず。重要なイベントや指標が目白押しとなった週としては値動きは落ち着いていた。先週のビットコインの対円相場は、週明けからXRPやドージコイン (DOGE)の上昇を追い風に戻りを試す展開で400万円を回復。週央にかけては、中国・四川省で開催されたマイニングに関するシンポジウムで、マイニングに対する具体的な方針が示されなかったことや、2018年に開始されたグーグルの暗号資産(仮想通貨)交換業者やウォレットに対する広告掲載禁止策が今年8月3日から条件付きで廃止されるといった材料を味方に430万円台を回復。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
Source: ビットコインニュース

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました