2020年06月11日 初級セミナー(動画)6月は動きの少ない市場ですが…水面下では!

■かげりを見せるUSD!エルサルバドルのBTCの自国通貨は固定された長期的方針を持つビットコインは、強力な米ドルに代わる魅力的な存在に映る。 先週末、米フロリダ州マイアミ市で開かれた「Bitcoin 2021」の業界会合で発表されたナジブ・ブケレ大統領の計画に対して、同会合に出席していた、ビットコイン決済を手がけるZap社のジャック・マラーズ最高経営責任者は、「前例のない拡張的通貨政策」への反応と捉えた。Zap社はエルサドルバドル政府と連携している。マラーズ氏は、行き当たりばったりに紙幣を増刷することで、エルサルバドルなどの「新興経済に壊滅的な打撃を与えている」として、FRBを非難した。マラーズ氏のマイアミでのプレゼンテーションに含まれていた、ブケレ大統領の提案からの引用によれば、「各国中央銀行は、エルサルバドルの経済安定に打撃を与えるような行動をますますとるようになっている」「中央銀行から受けるマイナスの影響を緩和するために、中央銀行によってその供給を管理されず、客観的で計算可能な基準だけに従って、その供給が変更されるデジタル通貨の流通を認可することが必要になっている」と、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました