ビットコインETF審査 米SECが民意の重要性を強調

追加の意見募集を実施米SEC(証券取引委員会)は審査中のVanEck社によるビットコインETF(上場投資信託)について、更なる意見募集を実施する必要があると発表した。審査を行うSECの機関として、パブリックコメントを通じた民意の重要性を強調している。VanEckのビットコインETFは、申請を3月15日に正式に受理。4月28日に「判断延期」を利用し、2度目の判断期限を6月17日前後に設定している。最初の審査期間中(3月15日〜4月5日までの21日間)でパブリックコメントの受付を設けていたが、規定日の4月5日...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました