インド中心の15銀行が新法人設立、貿易ビジネスの信用状(L/C)をブロックチェーンで

インド主要銀行らが新会社を設立インドの商取引における信用状(LC)デジタル化で、ブロックチェーンを活用したデータ検証の試みが始まる。インドの計15銀行が新たな会社を設立した。インドのエコノミックタイムズ紙が報じた。信用状とは、貿易において、輸出者に対し書類の提出など一定条件下のもと、銀行が輸出者(販売者)に代金の支払いを確約するもの。販売者は商品の支払いを銀行に確約してもらうため、よりリスクの低い取引ができる。エコノミックタイムズによると、新会社Banks’ Blockchain Infrastructure Company(IBBIC)は国内信用状のデータの検証を行い、処理する。新会社は1年以内にも開始される定めだという。これによって、インド国内において紙の請求書による無駄な作業を削減し、業務を効率化する狙いがある。具体的には、4~5日かかる信用状の支払いを4時間に短縮できるとした。ブロックチェーンの使用によって、信用状の不正も防ぐことが出来ることが期待されるほか、取引時における、代金が回収できない、商品が届かないといったリスクを軽減し、ビジネスを円滑化するために利用される。スタンダ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました