ビットコイン相場分析 : 400万円台回復に失敗、まだトレンドが弱い相場続く | ビットバンク マーケット情報

6月30日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのFisherがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは1.7%下落した陰線を記録しました。400万円付近のレジスタンスが強く上値が重い展開でした。終値は389.9万円でした。オシレーターは上下に推移し強い方向感を示せていません。CCIは小幅に下落し-11を記録しました。Fisherは上昇しており買いシグナルが出ています。MACDはマイナス域で上昇中です。ADX(33)は下落しており相場のトレンドが弱いことを示唆しています。昨日のビットコインは400万円台の回復が期待されましたが、まだ上昇圧力が弱く短期的な売りに押され390万円を下回りました。短期オシレーターのCCIもプラス域の回復に失敗しており、買いポジションはもう少し様子見となりそうです。相場は小幅なレンジで推移し、強い方向感がない状態が続いています。ビットコインは早朝に390万円まで上昇する場面がありましたが、再び高値から売られ本日も2.3%ほど安く取引されています。まだ価格調整局面を抜け出せておらず横ばい推移

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました