ビットコイン相場分析 : 週末は底堅く推移し陽線を並べる、価格は再び移動平均線の上位へ | ビットバンク マーケット情報

7月4日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは1.8%上昇した陽線を記録しました。3日連続の陽線となり底堅く推移しています。終値は392.3万円でした。オシレーターは上昇傾向にあります。CCIは18まで上昇しました。Fisherはプラス域で上昇し買いシグナルが出ています。MACDはマイナス域で上昇中です。ADX(28)は下落しており相場の方向感が弱いことを示唆しています。ビットコインは週末に買われ再び移動平均線を上回りました。強い値動きが見られ、オシレーターも上昇傾向にありモメンタムの回復が確認されています。テクニカル的には買いポジションが推奨されています。先週と比べチャートは強気に傾きました。昨日は399万円まで上昇する場面がありましたが、利確売りが発生し最終的に上昇幅を縮小させました。400万円付近には強いレジスタンスがあるようです。ADXは引き続き下落しており相場はまだ調整期間にいると考えられます。安値を切り上げつつ価格調整が行われる展開が強気筋

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました