リップル相場分析 : 週末は底堅く推移し2日連続陽線を記録、週明けはやや売り気配で取引開始 | ビットバンク マーケット情報

7月4日のリップルの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのFisherがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のリップルは3.4%上昇した陽線を記録しました。週末は陽線を並べ買われました。終値は77円でした。オシレーターは上昇傾向にあります。CCIは-6まで上昇しゼロラインまであと一歩まで上昇しました。Fisherはプラス域で上昇し買いシグナルが出ています。MACDはマイナス域で上昇中です。ADX(30)は下落中で相場の方向感が弱いことを示唆しています。週末のリップは買われる傾向が強く価格が上昇しました。終値は移動平均線を回復し底堅く推移しています。オシレーターも上昇傾向にありモメンタムは良好です。一方、長期的なチャートはまだ弱く様子見相場が続きそうです。本日はやや売られて取引されており3%近く下落しています。今週は先週の安値70円を割らずに安値を切り上げることができるかに注目です。現在の相場は小幅なレンジで推移しておりニュートラルな状態と言えます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
Source: ビットコインニュース

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました