ビットコイン相場分析 : 390万円手前に強いレジスタンス、深夜から売り優勢に転じる | ビットバンク マーケット情報

7月7日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのMACDがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは1.1%下落した陰線を記録しました。移動平均線の下位で推移しており弱い値動きがみられました。終値は374.9万円でした。オシレーターは強気と弱気が混じり方向感を示せていません。CCIはプラス域を回復しました。Fisherはプラス域で下落中です。MACDはマイナス域で上昇中です。ADX(25)は下落しており相場の方向感が弱いことを示唆しています。ビットコインは昨日387万円まで上昇しましたが、その後は上値が重くなり売りが優勢となりました。終値にかけて下落したため最終的な上昇幅が縮小しました。390万円手前に強いレジスタンスが存在するようです。本日も深夜からの売りが継続し下落して取引が始まっています。昨日、移動平均線の上位に浮上することができなかったためチャートは弱気に傾きました。このままジリジリ下がるようならもう一段安に警戒が必要です。長期的に見ればまだ価格調整の範囲内で推移しており、大きな変化はありませんでした。AD

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました