国内初のIEO第一弾、仮想通貨パレットトークン(PLT)の特徴と魅力とは

コインチェックで2021年7月1日にIEOを実施する予定のHashPaletteとはどのような会社なのか、運営するプラットフォームであるPaletteとそのトークンであるPLT,やり取りされるNFTについて解説します。Paletteプラットフォームについて漫画やアニメなど、様々な媒体が存在しストリーミングサービスが人気の今、消費者が簡単に所有、または売却することは難しくなっています。Paletteはそれらのデジタルコンテンツの流通を促進、可視化するためのプラットフォームです。デジタルコンテンツをNFTの形でブロックチェーン上で管理することで偽造を防止し、所有を明確化ができるとしています。NFTとはNon-Fungible Tokenの略で、非代替性トークンとも呼ばれます。一般的なトークン(PLT含む)が個別のトークンごとの区別を行わないのに対し、NFTは個別のトークンに識別子が存在し、ユニークな付加価値が追加されます。そのためNFTは権利やモノを紐づけるのに適しており、OpenSeaなどNFTを取り扱うマーケットプレイスではゲームのアイテムやデジタルアートなど、様々なものがNFTとして

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました