ビットコイン相場分析 : 週足は陰線も週末は底堅く推移、価格調整は着々と進む | ビットバンク マーケット情報

7月11日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日、2.0%上昇した陽線を記録しました。価格は約1週間ぶりに移動平均線の上位を回復し底堅く推移しました。終値は377.1万円でした。オシレーターは強気と弱気が混じり強い方向感を示せていません。CCIはプラス域で推移しています。下落していたFisherは本日ゴールデンクロスが発生しています。MACDはマイナス域で上昇しています。ADX(25)は下落しており相場の方向感が弱いことを示唆しています。ビットコインは週末に370万円付近からサポートされ底堅く推移しました。週足では3.8%下落しており週全体としては売られる傾向にありました。まだ強い買い需要は戻っていないようです。短期では価格が移動平均線を上回りオシレーターも上昇しているため、モメンタムは良好と言えます。昨日は一時380万円にタッチする場面もありました。このモメンタムを維持して欲しいところです。ここ数週間ほど価格調整が続いているビットコインですが、ADXはかなり下落して

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました