イーサリアムが200日線維持失敗 CPIサプライズ再来で市場混乱 | ビットバンク マーケット情報

13日のビットコイン(BTC)対円相場は38,884円(1.06%)安の3,621,323円と小幅に続落。東京時間のこの日の相場は、前日終値の366万円周辺で動意に欠ける展開に終始したが、6月の米消費者物価指数(CPI)が市場の予想を上回り、2008年来の伸びとなると、米株先の急落につれる形でビットコインも下落。その後は、BNYメロンとグレイスケールの提携が発表され358万円で切り返すも、米株のリスクオフが重石となり364万円で反落。米市場引け後には下げ幅奪回をトライするも、戻りは鈍かった。アルトコインも昨日は広く売られ、時価総額第2位のイーサ(ETH)の対円相場は、9,818円(4.37%)安の214,882円と200日移動平均線(22万円)の維持に失敗した。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者:
Source: ビットコインニュース

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました