ビットコイン相場分析 : 先週の安値付近まで売られる弱い展開、買い戻しは入るのか? | ビットバンク マーケット情報

7月13日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、全てのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは1.0%下落し2日連続の陰線を記録しました。今週は2日続けて売り傾向が強く、弱い値動きがみられます。終値は362.1万円でした。オシレーターは下落しており弱気を示唆しています。CCIは-109まで下落しました。Fisherでは引き続き売りシグナルが出ています。遅行線を上回っていたMACDもデスクロスの可能性が上がっています。ADX(25)は小幅に下落し、弱気トレンドの発生を示唆しています。今週のビットコインは弱い値動きを繰り返しており現在、先週の安値付近で推移しています。この価格帯で買い戻されないと、間近の最安値圏である330万円近辺まで下落する可能性があります。2日連続の陰線の影響からチャートは再び弱気色が濃厚になっています。短期オシレーターでは売りシグナルが発生し、長期のMACDもデスクロスの可能性があります。テクニカル的には売りポジションが有利になっています。本日も底値を探る展開が予想され、下落に注意が必要です。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました