日本の仮想通貨(暗号資産)上場、大幅に早まる?【CONNECTV・動画解説】

動画コンテンツ紹介世界と比較して、仮想通貨(暗号資産)の銘柄数が少ない日本。規制やルールが整備される日本では、オペレーション等の関係で、取引所側の申請資料の提出から上場までに数ヶ月から長いもので1年以上かかっているという。この状況を審査に関わるJVCEAを通じて変えることに注力すると話すのが、グローバルで展開するクラーケングループで日本の暗号資産交換業を展開するクラーケン・ジャパン代表でもあり、JVCEAの副代表に新任した千野剛司氏だ。今回のConnecTvでは、千野氏をゲストにお招きして、日本の仮想通貨...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました