仮想通貨交換所ShapeShift、自律分散型組織(DAO)へ移行──大規模エアドロップも予定

自律分散型組織(DAO)へ移行暗号資産(仮想通貨)取引サービスを提供するShapeShiftは企業としての運営を終了し、FOXトークン保有者が管理する自律分散型組織(DAO)へと移行することが分かった。ShapeShiftは今まで、ノンカストディアルな仮想通貨取引サービスを提供してきた。これからはDeFi(分散型金融)のビジョンに基づき、コミュニティが所有・管理する仮想通貨プラットフォームへと進化するという。同社が利用するコードや技術は、今後数カ月でオープンソース化するとした。ノンカストディアルとは取引所などの中央管理組織ではなく、ユーザー自身がウォレットの秘密鍵を管理すること。▶️仮想通貨用語集ShapeShiftは2014年に設立された仮想通貨取引サービス企業。同社のErik Voorhees最高経営責任者(CEO)は以前、「中央集権的プラットフォームがパスポートデータや、銀行書類、社会保証番号などの個人情報を保管することは、データ盗難やハッキング攻撃に対する脆弱性につながる可能性がある」と指摘していた。また今年1月、同社のプラットフォームから分散型取引所(DEX)を利用できるサー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました