イーサリアム相場分析 :今週初となる陽線を記録、チャートはまだ弱気を維持 | ビットバンク マーケット情報

7月14日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、全てのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のイーサリアムは2.2%上昇し3日ぶりの陽線を記録しました。昨日は20.5万円まで下落する場面がありましたが、その後反発しました。終値は21.9万円でした。オシレーターは全て下落し弱気を示唆しています。CCIは-93まで下落しました。Fisherでは売りシグナルが出ています。MACDでも今週デスクロスが発生し売りシグナルが出ています。ADX(20)は上昇しており弱気トレンドの発生を示唆しています。昨日のイーサリアムは今週初となる陽線を記録しました。底値から強い反発をみせ買い戻されました。反転の兆しとなるか今後の展開に注目です。チャート全体で見ると弱気トレンドを示唆するインジケーターが多く、売りポジションが推奨されています。チャートが改善するにはもう一段の上昇が必要です。昨日は強い値動きがみられましたが、オシレーターは長短期で下落しており、買い入れはまだ様子見となりそうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
Sour

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました