米バイデン政権がサイバーセキュリティ・タスクフォース設立、相次ぐランサムウェア攻撃受け

米政府、サイバー攻撃に対抗多発するサイバー攻撃に対抗する手段として、米政府が新たな政府間タスクフォースの設立を近々設立することが判明した。関係筋の提供する情報として、米政治メディアPoliticoが報じた。米国では、5月のコロニアル・パイプライン社のランサムウェア攻撃など、企業などのセキュリティー面における脆弱性を突いたサイバー攻撃が発生。バイデン政権はかねてより危機感を示しており、ロシア政府の関与を批判していた。ランサムウェア攻撃とは企業などのコンピューターを強制的にロックしたり、中のデータを勝手に暗号...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました