スクエア、金融サービス向け新事業

米決済大手のスクエア(Square)は、ノン・カストディアル(ユーザーが資産を自己管理)かつ分散型の金融サービスを簡単に提供するために「オープンな開発者プラットフォーム」の構築に注力した新事業を立ち上げる。同社CEOであるジャック・ドーシー氏が15日にツイートした。我々の新しいビットコイン・ハードウェアウォレットのように、我々はこれを完全にオープンに進めていく。オープンなロードマップ、オープンな開発、オープンソース。@brockmがチームを率いて開発する。目指す初期プラットフォームの基本アイデアはいくつか持っている。ドーシー氏は、まだ名前の決まっていない同事業の「主な焦点」はビットコインで、同社戦略開発グループを率いるマイク・ブロック(Mike Brock)氏が担当し、「完全にオープンに進めていく」とツイート。スクエアクリプト(Square Crypto)とは異なり、同社が資金を提供するのみならず、方向性を決めると述べた。スクエアは同プロジェクトのツイッターとGithubのアカウントを開設し、最新情報を提供するという。参考資料:https://www.coindeskjapan.com

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました